診療科目

耳鼻咽喉科

対象となる疾患

  • 外耳・中耳:中耳炎・耳垢栓塞・外耳異物。
  • 内耳:めまい・突発性難聴・補聴器指導
  • 鼻:慢性鼻炎・慢性副鼻腔炎(蓄のう症)・鼻アレルギー
  • 咽喉:炎症・腫瘍
  • 口腔:味覚障害・顔面神経麻痺・三叉神経痛

使用する機器

  • 極細の耳鼻科用内視鏡(電子スコープ):鼻・咽・耳の診断を迅速かつ安全に進めていきます。
  • 聴力検査:防音室内での精密な聴力検査が可能です。
  • 赤外線CCDフレンツェル眼鏡:めまいの際の眼振の有無を正確に評価します。
  • ネブライザー:急性副鼻腔炎や症状の強いアレルギー性鼻炎に対する鼻処置は薬のみでは得られない効果があります。

睡眠時無呼吸について

スクリーンショット 20140102 2051

「いびきをかく」「昼間に無性に眠くなる」「いくら寝てもねたりない」こうした症状は睡眠時無呼吸症候群の表れかもしれません。睡眠不足のために高血圧になったり、疲れやすくて生活の質を損なうことになります。さらに夜中に低酸素状態に陥るので、心臓疾患の危険因子となることも示唆されています。まずは自宅で測定できる睡眠簡易検査で診断をつけます。軽症であれば口腔内に装着するマウスピースで改善します。重度の場合は、入院検査のできる病院と連携し、一泊二日のポリグラフ検査をした後にCPAPを導入します。CPAPとは、鼻から陽圧の空気を入れることで、気道の閉塞を解消する装置です。

あなたの睡眠は健康でしょうか?

まず、こちらの質問票でスクリーニングをしてみましょう。
合計点が11点以上の人は、病的過眠領域とされています。

○11~15点の方は、受診をお勧めします。
◎16~24点の方は、速やかに受診しましょう。

PDF睡眠時無呼吸症に関する質問票(PDF)

関連トピックス

▲ページトップへ