トピックス

副鼻腔炎

かぜをひいてから鼻声が続く。 ねばり気のあるハナがノドにたれてくる。 最近においがわからない。 ほお骨のあたりが腫れぼったく、うつむくと重い。
こうした症状は典型的な副鼻腔炎の症状です。咳が続く、頑固な頭痛が続く、上の奥歯の違和感が取れないといった症状も、この病気の可能性を考える必要があります。 慢性的なものを蓄膿症とも言いますが、正しくは副鼻腔炎といいます。

副鼻腔という大きな空洞は、鼻の奥の小さな穴からつながっていて、その表面は粘膜で覆われています。 かぜやアレルギーによって鼻づまりになると、副鼻腔の出口がふさがれてしまい、 中で細菌が繁殖を始め、副鼻腔炎となっていきます。

また、歯から細菌が侵入して発症する事もあります。 放置して炎症を繰り返しているうちに、副鼻腔内の粘膜が分厚くなっていき、 さらに通気が悪くなるという悪循環に陥って、慢性の副鼻腔炎が出来上がってしまいます。

慢性副鼻腔炎の粘膜は簡単には元に戻りません。治療法は、まず原因である細菌を退治し、 またはアレルギーを抑える事から始めます。歯が原因であれば歯の治療を並行させることも必要です。 その上で、ある種の抗生物質を数ヶ月にわたり、少量服用し続けるという治療法が、副作用も少なく、 大きな効果があることがわかっています。

手術法も改良が進み、以前のような口の中から切る手術以外にも、鼻から内視鏡を入れて行う方法も普及しています。 以前、手術を受けて再発している方にもこの治療は可能です。

  (「広報としま」掲載)