診療科目

呼吸器内科

 

「咳がおさまらない」「息切れがする」「タバコをやめたい」「肺がんが心配」といった悩みにお応えします。病気としては、ぜんそく・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管支拡張症・間質性肺炎・結核・非結核性抗酸菌症・肺炎・気管支炎・睡眠時無呼吸症候群・ニコチン依存症といったものが対象となります。 受診される方の中でもっとも頻度の高いものが「咳」ですが、鑑別診断としては、感染症(結核・マイコプラズマ・百日咳・クラミジアなど)・アレルギー疾患(気管支ぜんそく・咳ぜんそく・アトピー咳漱など)・副鼻腔気管支症候群・上気道炎の遷延性炎症・COPD・食道胃逆流症・肺がんなどが挙げられます。 当院では血液検査によるアレルギー素因の検索や、X線撮影・喉頭ファイバー・スパイロメーターを用いた肺機能検査(肺活量・1秒率)などを行っています。必要に応じて、副鼻腔や胸部のCT検査を実施します。

基幹病院である東京大学附属病院呼吸器内科から、横山晃Dr.(自由が丘:金曜日午後)・細木敬祐Dr.(自由が丘:第3土曜日)・槇田広佑Dr.(自由が丘:第1土曜日)が勤務しています。

症例写真

禁煙治療について

「禁煙はしたいけど、やめられる自信がない。」「たばこの値上げまでに何とか止めたい。」 そういう方には、是非受けていただきたいのが、保険適応でもある「禁煙プログラム」です。最近は内服薬(チャンピックス)をうまく使うことで、多くの方が苦もなく禁煙を達成されています。通院は3ヶ月で5回だけ。費用は1日1箱吸っている方なら、たばこ代の2ヶ月分で十分足ります。さああなたもチャレンジしましょう!!

関連トピックス

▲ページトップへ