金属パッチテスト

金属パッチテストについて

アクセサリーの金属に触れるとかぶれてしまう方は、金属アレルギーの可能性があります。
歯に詰めた金属が原因となる場合、口腔内の粘膜疾患のみならず、手足の発疹を伴う
掌蹠膿庖症(しょうせきのうほうしょう)になることがあります。

当院は医科歯科併設のクリニックですので、保険診療で検査を受けて頂くことができます。
検査する金属は19種類で、歯科材料に頻用されるものはほとんど網羅しています。

Au(金) / Pt(白金:プラチナ) / Ag(銀) / Cu(銅)
Pd(パラジウム) / Ni(ニッケル) / Mn(マンガン)
Fe(鉄) / In(インジウム) / Il(イリジウム)
ホルマリン / アクリル樹脂 / Al(アルミニウム)
Cr(クロム) / Co(コバルト) / Zn(亜鉛)
Sn(スズ)/Hg(水銀)

(インプラントや整形外科で用いられるTi(チタン)はイオンにならないため、通常は実施しませんが、ご心配な方はご相談ください)

 

検査の流れは下記のとおりです。

・ 1日目 パッチ貼付(48時間・入浴禁止・発汗運動禁止)
・ 3日目 パッチ除去。判定。
・ 4日目 判定
・ 7日目 判定 →総合判定

合計4回の通院で、開始曜日は月・火・水・土ですが、判定日が祝日・休診日の場合変更になります。入浴、発汗を伴う運動は48時間後の判定が終了するまでは控えて頂きます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

スクリーンショット 20140102 2142

関連トピックス


▲ページトップへ