診療科目

糖尿病内科

スクリーンショット 20140102 2041

糖尿病は多くの精力的な研究のおかげで、さまざまなデータが世界で発表されています。また近年治療法の選択肢も増え、最新の情報を収集することが、患者さんのより良い治療に必要となっています。

こうしたマクロな統計データと個人のデータや性格などを基に精密なオーダーメイドの治療計画を立てていきます。DPP-4阻害薬やビグアナイドといった、糖尿病の初期に使用する薬から、強化インスリン療法の導入や管理まで幅広く対応しています。

専門医の長谷川久芳医師は自由が丘(月曜)、大塚(火曜午前・水曜午後・土曜午前)。湯浅幸子医師は自由が丘(火曜午前)。

糖尿病は眼科や歯科との連携が特に重要です。当院歯科とも連携しながら、トータルな健康管理を図ってまいります。

関連トピックス

▲ページトップへ